コース紹介

大学院文系課程

Graduate School of Arts

大学院文系課程紹介

Course

青藤教育では様々なコースをご用意しています。

  • 経済学

    長年にわたる各大学の経済研究科の過去問に応じて、重要なポイントを整理し、志望校の方針や動向を学生が深く理解できるように、合理的な知識ネットワークを構築します。授業内容は、個人の利益を最大化と、マクロ経済政策を策定するという2つの側面を中心として行います。 指導の過程では、基礎的な数学能力を構築することに基づいて、学生の論理的思考力と経済学の思考力を訓練することに焦点を当て、より高いレベルを達成するための強固な基盤を築きます。

  • 経営学

    経営学は、企業を研究対象とし、その活動を研究するものです。 この学問の目標は、企業の存続と発展をサポートするために、管理の基本理論に基づいて効果的な組織管理とビジネス意思決定を実行することです。 主に経営戦略の策定、組織の構造、人的資源管理、研究開発、マーケティング、生産管理、財務管理、またその他の活動も含まれます。 経済学とは異なり、経営学は数学的な計算を含むことはほとんどありません。 そのため、単科大学や総合大学の受験数が多い根拠がなくても、落ち着いて対応でき、他の分野に比べて敷居が低くなっています。

  • 金融学

    金融学は、個人、機関、政府が資金やその他の金融資産をどのように取得、支配、管理するかを研究する学問です。この分野は経済学とは異なりますが、理論経済学と比較すると、金融学は事業運営に近いです。 そのため、金融学を卒業した後、銀行、証券会社、保険会社、コンサルティング会社などへ入社し、高収入層になる傾向があります。 また、受験生が比較的少ないし、試験問題の難易度もそれほど高くないため、競争は比較的に激しくありません。

  • 会計学

    数年間の過去問に基づいた重要ポイントのスクリーニングは、基本的に財務会計、管理、および原価計算の基礎になる知識をカバーしています。 3か月間で、全く会計学勉強したことがない学生でも、会計の知識と会計の基本的な考え方を習得できます。 コースの後半では、主要大学の過去問題を練習、説明し、理解をさらに深め、受験能力を向上させます。 最後は、研究計画に関する全面的な指導とサポートがあります。

  • 教育学

    教育学には、学校教育(幼児教育/初級教育/教育史/教育哲学/教育法/比較教育/教育財政/教育社会/社会教育キャリア学習/高等教育/教育心理学)を含む多くのコースがあります。国語教育 、英語教育、社会教育、数学教育、また、その他の分野などもあります。 日本の国立大学と私立大学の試験範囲をカバーできるように、「教育学の共通基礎知識」と「各専門分野の特定知識」という内容に分けて指導します。

  • 社会学

    社会学は人生のあらゆる側面に密接に関連している学問です。 マクロ的な視点から社会の形成と変化を考察し、ミクロ的な視点から個人の社会的行動や対人関係を研究対象としています。 社会学の研究課題は現実のあらゆる現象に存在するため、入門は比較的簡単です。このコースは、社会学の基本理論を勉強しながら、学生の社会学的思考を育成し、理論と実践を利用して質問に答え、将来の研究に応用することを目的としています。

  • 日本語教育学

    日本語教育学の教育方針は、日本語を客観的な視点で分析し、各国の文化を理解、また尊重することで日本語を教えることができる国際的な日本語教師を養成することです。将来、日本語教師になりたいという人にとっては、日本語教育学が一番おすすめです。

  • 新聞学

    新聞学の主要分野によって、以下の4つのコースに分けています「ジャーナリズム」、 「公共政策」、 「メディアコミュニケーション」、 「情報コミュニケーション」。 新聞学の最も基本的な定義から始めて、日常生活の実際的な例を組み合わせて説明することで、基礎知識がない学生でも簡単に入門することができます。 コース終了後は、研究計画書の指導、研究計画の発表、模擬試験、模擬面接などの指導もあります。

  • 商法学

    商法学コースでは、日本の商法と会社法の重要な記事、古典的な法学、重要な理論を体系的に整理し、商法の基本的な問題に対する学生の理解を深めます。 最新の法学論文の分析を通じて、学生の知識への理解を深め、商法学において基本的な分析思考を身につけることができます。 また、小論文の書き方や研究計画書作成の指導もあり、最初段階の問題意識の確立から、研究方法を身につけることまで、入試における競争力を高めることができます。

  • 文学

    文学の研究は、作品のテーマ、時代の背景、作家の個人的面の研究を通じて研究を行います。文学研究は、歴史研究、文化研究、言語学研究、比較文化研究、文学批評などとは密接に関連しています。このコースでは、文学研究と文学批評の一般的な方法を習得し、基本的な人文知識を備えた学生を育成することを目標とします。

  • 心理学

    心理学は、人間の心理現象とそれに関連する行動、精神機能、脳活動の変化を研究する科学です。 基礎心理学には、理論性があり、論理的思考力、英語力、日本語力が求められます。 応用心理学には、その名のとおり、学生の日本語コミュニケーション能力、論理的思考力、実践力が求められます。 日本の心理学の最大の特徴は、研究内容がアジアの文化を中心にしている同時に、少人数制の授業が採用されており、教授や他の日本人学生との接触がより多く取られることです。

  • 体育学

    体育は文系と理系含む科目です。 その中で、文系の内容としては、スポーツメディア学、スポーツ歴史学、スポーツ文化学、スポーツ社会学、スポーツ経済学、スポーツ政治学、スポーツマネジメントなどが含まれます。 理系の内容としては、スポーツ医学、スポーツ心理学、スポーツトレーニング、スポーツコーチング、スポーツ教育などが含まれます。

  • 国際政治学

    国際政治コースは、理論と応用例の二つの部分で構成されています。授業の理論的部分は:国際政治理論、国際関係論になります;応用例としては国際政治史と現代応用理論となります。

ご相談・各種お問い合わせ

Contact

各種ご相談・お問い合わせなどお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ